お鼻はいつもグズグズ

お鼻はいつもグズグズ

テッシュが欠かせません 日々思った事を書きます

梅雨明け ねこ回収家

 

 

 

   ある朝 車から見えた空に 夏を感じました。

 

 

 通勤途中で、まだ灰色の雲が重そうに いくつも浮かんでいましたが、その はるかかなたの青空が 澄んでいて 青色が水色がとてもきれいで、

 

 

 

            『ああ 夏空だ』

 

 

 

 心が すぅっと晴れていうよう。

 

 

 その日の夕方のニュースで 梅雨明け宣言を聞き、なっとくします。

 

 

 

 コロナじゃない オリンピックが観たかったなあ

 

 

 つい思ってしまいます。

 

 

 たぶんわたしが生きているうちに 日本でオリンピックはもうないだろう。

 

 

   "〇〇さん オリンピックまで生きとらなあ"

 

 

  わたしが今と違うところで働いていたとき、東京オリンピックが決定し、おばちゃんたちがあいさつのように言っていました。

 

 

 オリンピックは開催されるものの なんだか制約が多く お・も・て・な・し とかいっていたのに外国人の観客が来ない 皮肉めいた結果になっています。

 

 

 コロナじゃないオリンピックは 盛り上がっただろうなぁ

 

 

   がっかりです。

 

 

 

 

こぼすとほくと

 

 

 

 

 

f:id:ohanaguzuguzu15:20210717192710j:plain


 

                かわいいぼぼちゃん

 

 

 

 

 ぼぼちゃんは 妹さんが働いているところで ダンボールに入れられて捨てられていました。

 

 

 5月ごろ ぼぼちゃんともう1匹兄弟がいました。

 

 

   黒サビの男の子でした。

 

 

 わたしは当時 ぼぼちゃんを引き取りましたが、いまだに あの子ももらえばよかったと妹さんと言っています。

 

 

 

      1匹も2匹もかわんない。

 

 

 

 そのクロくんも すぐに貰い手がつき ホクト君というカッコええ名前をつけてもらっています。

 

 ぼぼちゃんと書いてありますが 『こぼす』 が本名です。

 

 

 

    あれから数年後ーー

 

 

 妹さんが働いているところに 子猫が! 

 

 

 

ねこ回収

  

 

 妹さんはドラックストアで働いています。

 

 

 外にトイレットペーパーのラックと野菜か花用の園芸の土が積んであるラックが置いてあって その隙間に子猫がしっかりと はさまっていました。

 

 

    !(◎_◎;)  

 

 

  妹さんは 子猫ちゃんを助けてました。

 

 と同時に 思いだしたそうです。

 

 

 

   "ねこ回収しておいて あとで取りにくるから“

 

 

 

 ちょっと変わったねこ好きさんがいて いっていたそうです。

 

 

 

      ちょっと変わった……

 

 

 あ、大丈夫です。へんな事をねこにするとかじゃなくて、なんかこう変わっているそうです。

 

 

 ちゃんとねこはかわいがる人です。

 

 

 わたしは思います。

 

 

 

     やっぱりねこ好きって変人が多いんだ。

 

 

 

   腑に落ちるわたし。

 

 

 

    わたしもねこ好きです。

 

     へんな人が多いねこ好き……

 

 

 

  ふっ  わたしは息をはきます。

 

 

 

 その後 子猫ちゃんは無事 ねこ回収され 安泰生活を送っています。