お鼻はいつもグズグズ

テッシュが欠かせません。日々思った事を書きます。

いい肉を 食べたいときは ランチタイム

スポンサーリンク


今週のお題「いい肉」


    いい肉をたらふく 食いたい………


 これは 人間の正しい 欲求だと 断言します。



 わたしと 妹さんは 時間があえば 平日の焼き肉屋のランチタイムに 特攻します。

そこで わたしがいつもたのむのが 「壺漬けカルビセット」
もち ご飯は大盛り❤️ です。


   値段は 税別960円。 


その他 いくつかメニューはありますが オンナはだまって コレひとすじです。

その日がきた


 わたしは いまのところ 平日働いているので なかなか行けません。妹さんは シフト制の勤務なので、わりと平日はあいています。


   ………で、増税まえの 最後の平日…… 9月30日 月曜日。


 まちにまった日がきました。

 会社の都合で わたしはお休みになり 妹さんもお休み。


これは 神さまが わたしたち 姉妹に肉を食え と 暗示しておられる……


 っしゃ!  いくで、ランチタイムに!


わたしたちは おそらく令和で いちばん 意気投合し、えっさほらっさ  焼き肉屋へ。

到着


   おお、混んでいる……


 到着すると びっくりするぐらい ひとがいました。

みんな考えることなんて いっしょだな  痛感し 待つことしばし。

わたしたちは 席ではなくて、混んでいたので座敷に通されました。


  わたし 「いっぱいいるね」    妹 「こんな混んでるの はじめてや」


わたしたちは 会話をしながら 


  「うち お金だすから ハラミ 頼もう」


なんだと? マジか!


 妹さんが 勇気あるひとことを はなちました。


  「うん やった」


もちろん ハラミは正規の値段です。


     ひゃっほー ハラミや


 わたしは いーわいか、ねーちゃんだすわ なんて いうわけもなく もろてをあげて喜びました。



 注文を終え 待っていると となりの家族が 「コレ 頼んでないわ」 と 店員さんにいっていました。店員さんは 注文書をみていましたが 「一度 だしたものは さげられません」
といっていました。そのあと どうなったかは 知りません。
 だって 注文したものがきたんだもん。食べるのに夢中です。



     うめな。


無言で 肉を焼きはじめ 食べます。  ジュウジュウ


     いい肉 うま。


頭の中は それしかありません。 飯がとまらん。


     ハラミ サイコー


分厚いハラミは おいしいかった。


 ……食後は コーヒーを飲んで くつろぎました。


 帰るときも ぞくぞくとランチタイムめがけて お客さんがきていました。



  いい肉は ひとをしあわせにします。